FC2ブログ

146.希有な運命で救われた日本人

皆さまお早うございます。
風が結構有りましたが、五月晴れの土日で、BBQを楽しんだ方がたくさんいたと思います。私も昼過ぎから飲んで食べて、今朝は頭が少し痛い。二日酔いかも。

さて、今回の新能登メール、何か変わったネタは無いかなあ、とアレコレ思い当たっていましたら、ふと頭に浮かんだものがありました。今から20年以上も前になるでしょうか、モロッコの大使館勤務をしていたM君が任務を終えて帰国し、「ご苦労さん会」を開きました。その折に、M君が「これ面白いと思います」と言って呉れたペーパー、題名は「希有な運命で救われた日本人」。以下、若干脚本して記することにします。

1993年、パリ・ダカールラリーでの出来事。日本人の運転する四輪駆動車が、モーリタニアの西端にある小さな漁村・マンガールという村の近くで、砂漠に突き出た岩山に激突した。車は大破してペシャンコ。ドライバー、ナビゲーターともに複雑骨折の重傷で、自力で車から脱出できない。周りは砂漠。絶望的。彼らは死を覚悟した。
 そこにラクダを引いた少年が通りかかった。少年は事故の状況を見て急いで自分の村まで取って返し、叫んだ。「大変だ!お父さん達が乗っている漁船と同じマークの付いた自動車が岩にぶつかって壊れている。早く助けてあげて!」。それを聞いた村人達は総出で救出に向かった。二人の日本人は車から何とか引き出され、村人によって軍の駐屯地に運ばれ、ヘリコプターで病院に搬送された。そのお陰で二人の日本人は一命を取り留めることができたのであった。
 漁船と同じマーク、というのは日本の国旗、日の丸のことであった。この小さな漁村・マンガールはほとんどの人が漁業で生計を立てていたが、小さな手漕ぎのボートしかない。沖合に出ることも能わず、漁獲量も知れたもので、村人は貧困に喘いでいた。これらの状況を知った日本は1992年、沿岸漁業振興計画の一環として無償援助で漁船や船外機をこの村に贈った。その際、友好の印としてモーリタニアと日本の国旗を並べて漁船に貼り付けた。少年はその印、日の丸を見覚えていたのである。
 漁船と船外機の無償供与のお陰でマンガールの村は貧困から脱出した。日本に対する村人の感謝の気持ちは並々ならぬものであったが、何とか恩返しをしたくてもその手立てが見当たらない。そんなときのパリダカール事故だったのである。千載一遇の恩返しのチャンス!村人総出で救出に当たったというわけである。
 モーリタニアに対してはその後1994年にも漁船45隻、船外機61機の無償供与が行われ、モーリタニア沿岸の漁獲高は大幅に伸びた。さらに日本の技術指導でエンジンの整備士も育ち、エンジンの修理も自前で出来るようになったということである。
 事故に遭った日本人がこれらの事実を知ったのはかなり後のことであったそうだ。希有な運命の巡り合わせが、日本とモーリタニアの友好を、さらに深めることになったのは言うまでもない。

以上ですが、外務省のHPに「ODAちょっといい話」というコラムがあって、似たような出来事が数多く紹介されています。一度目を通しても損はありません。ODAというのは発展途上国(地域)の開発を主たる目的とする国際協力活動を行うための公的資金のことです。似たような制度を持って先進主要国が各国で活動していますが、「見返り」を要求しない日本の姿勢は高く評価され、厚い信頼が寄せられています。さすが「武士道」の国、日本、なのであります。
(M君、ありがとうございました。)

スポンサーサイト

145.月はなぜ回転していないのか

皆さまお早うございます。
寒い日が続きました。気温だけではなく、悲惨な交通事故、石油の輸入禁止、米中の関税問題、などなど気持ちが冷え冷えしてきます。札幌の気温は今日から上昇するそうですが、世界情勢はもっと冷え込むような気がします。哀しいですね、人間という動物は。

新能登メール(145):月はなぜ回転していないのか を送ります。

表題は、実は正しくありません。月は地球の周りを27.32日でひと回りします(これを公転周期といいます)。一方、月自身が回転する周期(これを自転周期といいます)も27.23日です。でその結果、月は地球に対していつも同じ面を向けることになりました。一般に地球に向けている面を「表面」、見えない面を「裏面」といいますが、月に表、裏があるわけでは無いので、変な言い方だと思うものの、分かりやすい言い方ではあると思います。

どうしていつも同じ面を向いているのか。不思議だと思いませんか。公転と自転の周期が同じなんて、偶然にしてはあまりにもできすぎとは思いませんか。これこそ「神のなせるワザ」で、世界はやはり「創造主」が創造したものなのです、…と言われれば信じても良いような気分になります。でも、神はいません。創造主は居ません。そこには納得できるしっかりとした理由があるのです。

公転と自転の周期が同じという衛星は、実は月だけではありません。木星のガリレオ衛星(イオ、エウロパ、カリスト、ガニメデ)も、土星の衛星のタイタン、テチス、ミマスなども公転周期と自転周期が同じ、つまり木星、土星に同じ面を向けて回っているのです。どうしてそうなのか、地球と月の関係で説明しましょう。

月の表側は鉄などの重い物質が多く存在し、裏側はカルシウムなどの軽い物質が多く含まれています(また表側は「海」と呼ばれる比較的平らな地形が多いのに対し、裏側は高低の起伏が激しい地形となっています。「どうしてそうなのか」は月がどのようにできたか、を説明しなければなりませんが、ここでは省略します。興味がある人はネットなどで調べて下さい)。そのせいで月全体の重さの中心は月の中心からずれていて、地球に近い側に寄っています。しかも地球の引力を受けて、球体ではなくややフットボールのような形になって公転しています。この状態では、公転周期より早く自転しようとすると地球の引力で自転にブレーキがかかり、逆に公転周期より遅く自転しようとすると加速をかけられます。つまり、自転と公転が一致して安定する、ということになります。結局、月は同じ面を地球に向けている、というわけです。

2007年9月14日、JAXA(宇宙航空研究開発機構)は月を周回する人工衛星を打ち上げました。この衛星は後に「かぐや」と名付けられ、2機の子衛星も「おきな」と「おうな」と命名されました。ご存知、竹取物語に出てくる育ての親の名前です。「かぐや」の主な目的は、月の起源と進化を解明するための科学データを取得することでした。「かぐや」は月表面の鉱物組成、地形、表面付近の地下構造、重力場の観測など数々の観測を行い、当初の予定をすべてクリヤし、2009年6月11日、使命を終えて月の表側に落下しました。この頃から日本の宇宙探査技術に世界の目が注がれ、小粒ながらピリリと辛い、と評価されるようになりました。これらの技術が「はやぶさ2」へとつながっていくのです。

(宇宙に何かと興味がある私の身勝手で、たびたび宇宙関連の話題を書いてしまうことをお詫びしておきます。「はやぶさ2」の無事の帰還、実に待ち遠しいと感じて居るところです。)

144.人種

皆さまお早うございます。
十連休、さすがに長く感じましたね。私はWOWOWで放映の「宇宙戦艦ヤマト2199」(全7章+追加2話)と「宇宙戦艦ヤマト2122」(全7章)を録画して全部見終わりましたが、30余時間かかりました。最後は思わず涙ぽろり。疲れ切った何日かとなりました。

では「令和最初の」(なんて使いたくないのですが)新能登メール(144):人種 送ります。

むか~しむかし、人類の祖先はアフリカに住んでいた。約25万年前頃、かなりの集団がアフリカを出てアラビア半島に渡り、一部はヒマラヤ山脈とアラカン山脈の西側・ユーラシア大陸に向かった。一部はヒマラヤ山脈を越えて東に向かい、さらにベーリング海峡を渡ってアメリカ大陸に広がった。一方インドからスンダ列島、さらにオーストラリア大陸に渡った一派もいた。それぞれのグループは自然環境に対応して骨格、皮膚、毛髪など(形質的特徴)が微妙に違った。自然科学者はそれらのグループに名前をつけた。アフリカに住む人たちをネグロイド、ユーラシア大陸にすむ人たちをコーカソイド、ヒマラヤ山脈の東側の人たちをモンゴロイドとした(後にオーストラリア大陸周辺に住む人たちをオーストロイドとして追加した)。

かなり端折った説明だが、ここまではほぼ正しいとして納得できるだろう。問題はこの後だ。ユーラシア大陸に住む人をなぜコーカソイドというのか。コーカソイドとはコーカサスに住む人という意味である。そのコーカサスは旧約聖書でノアの箱舟が辿り着いたという中央アジアにある地域名である。ノアには三人の息子がいた。セムとハムとヤペテ。セムがモンゴロイド、ハムがネグロイド、ヤペテがコーカソイドの祖先になったのだそうだ。ハムはある出来事でノアの怒りを買い(興味があれば自分で調べて下さい)、兄弟たちのしもべとなることを預言される。つまり、ネグロイド(黒人)はコーカソイド(白人)に隷属することが決まっていた、というのだ。黒人はBlackなので悪であり、低俗であり、白人はWhiteだから善であり、高級。世界の文明を支えてきたのは白人、という白人至上主義が白人社会に広く受け入れられることになったのである。

現在、肌の色で人種差別することはタブーとなっている。黒人をニガーNiggerあるいは学術用語ネグロイドNegroidの短縮形でニグロNigroと呼ぶことはほとんど無い。アメリカ在住の黒人はアフリカ系アメリカンAfrican Americanと呼ぶことにした。しかしアメリカの黒人はアフリカと心情的なつながりがない。そこで自らを単にブラックBlackと称する人たちが増えている。これに合わせて白人をホワイトWhiteということも多くなった。では肌の色で区別して良いのか、というと、そうでもない。黄色人種をイエローYellowというのは今でも差別語とされていて、「アジア系」が使われている。

かつてキューバ、ジャマイカ、ドミニカなどの中南米には多くの原住民が住んでいたが、白人(主にヨーロッパ人)に酷使され、虐殺され、未知の病原菌で大量死した。スペインやポルトガルの連中はアフリカから奴隷を輸入し、サトウキビを栽培した。原住民インディオと黒人、白人の混血が複雑に進む。その結果「人種」の定義ができなくなった。そこで「スペイン語を話す者たち」の意味である「ヒスパニック」が使われ出した。ややこしいのはインディアン。コロンブスが新大陸を発見した。彼はそれをインドだと勘違いし、原住民をインディオ(英語でインディアン)と呼んだ。後にネイティブ・アメリカンNative Americanというようになったがアメリカンと言われるのが気に入らない。しからばアメリカン・インディアンAmerican Indianがいいかというと、本当のインドからやってきたインド系アメリカ人Indian Americanもいて、何とも困ったことになっている。
(一部、橘玲著「もっと言ってはいけない」(新潮新書)を参考。)

さて、現在の人種分類はどうなっているかというと、生物学的に「人種」は存在しない、人種に分類できる遺伝的指標は存在しない、とされている。その代わりとして文化的、歴史的な共通点を持つ集団としての「民族」という概念が用いられている。これは「人種差別」からのわずかながらの前進だと思うのである。

(付録:ナチスは自らを「純粋なアーリア人」と言った。アーリア人とはもともと中央アジアからイラン高原付近に住んでいた遊牧民族なのだが、後にインド・ヨーロッパ語族すべてをアーリア人と呼ぶようになった。やがて音楽家ワーグナーが「ドイツ人を構成するゲルマン民族こそ最も優秀なアーリア人である」と主張。これをヒトラーが受け継いだ。実はそこには何の根拠もない。そしてホロコースト。馬鹿げた話である。)

143.おうちまで送ります

皆さまお早うございます。
まもなく十連休。それぞれ「非日常」の楽しい計画がおありのことと思います。一方で「日常」を維持する人たち、例えばコンビニ、デパート、飲食店、運輸関係、交通機関などなど、休めない人たちも大勢居ることでしょうね。何事もなく、無事に十連休が終わることを祈ります。

さて「平成最後の」新能登メール(143):おうちまで送ります を送ります。我がワイフから聞いた実話をもとに脚色したものです。

やや郊外の某銀行支店。結構なお歳に見えるご婦人(つまりおばあさん)がATMで100万円を引き出した。おばあさんはお札を丁寧に銀行の封筒に入れて、出口に向かった。するとすーっと制服姿の女性銀行員が近寄ってきた。銀行員は優しくおばあさんに声をかける。
「お客様、ちょっとお話をしてもよろしいですか」
「はい、何でしょう」
「ただいま高額のお金を引き出しましたが、差し支えなければそのお金は何にご使用なのか、教えて頂くことはできませんか」
「何に使うか、私の勝手でしょう。あなたに教える義務は無いと思いますけど」
いつの間にか支店長らしき男性もそばに控えていた。その男性が言う。
「おっしゃることはごもっともです。お客様にそんな義務はありません。ですから、もし差し支えなければ、と申している次第です。いかがでしょうか」
「できるならば放っておいて欲しいです。私のお金、何に使おうと私の自由ですから」

そんなやりとりをしているうちに支店前にパトカーが到着。警察官二人が車から降りて支店に入って来る。警察官が言う。
「お急ぎの所すいません。誠に妙なことをお聞きしますが、ご主人はご健在でしょうか」
「はい、おうちにおりますけど」
「先ほどこちらの支店で高額のお金を引き出したとのことですが、このことをご主人はご存知なのでしょうか」
「いいえ知りません。私の内緒のお金ですから」
「そうですか。ちょっと立ち入ったことをお聞きします。ご主人に内緒のお金は何にお使いでしょうか。教えて頂くわけにはいきませんか」
「分かりました。実は主人に内緒で息子にあげるつもりです」
「息子さん、何か金銭的に問題でもあったのでしょうか」
「いえいえ、そうではありません。孫の入学で何かと出費が重なったのを傍から見ていて、ちょっと可哀想と思ったものですから」
「それは息子さんも承知でしょうか」
「はい、先日お話ししましたから」

もう一人の警察官が賢明にメモしている。質問していた警察官が言う。
「息子さんは携帯電話とかお持ちでしょうか」
「はい持っていますよ」
「今、連絡つきますか」
「いや、この時間はダメです」
「それはどうしてでしょうか」
「息子は小学校の先生をしていて、この時間は授業中です。電話はつながりません」
「あのー、念のため携帯電話にかけてもらってもよろしいですか」
「だから言ったでしょう。この時間はつながらないんです」
「あのー念のためです。ちょっと電話をかけてみてくれませんか」
おばあさんはムッとしながらも息子の携帯電話に電話をかける。「おかけになった電話は…」の応答。どうやら電源が入っていないらしい。警察官は言う。
「授業は何時に終わるのでしょうか。まもなくお昼ですが」
「午前中の授業は確かあと5分くらいで終わるはずですけど」
「そうですか。お急ぎとは思いますが、そこにお座りになって、5分後にもう一度お電話をお願いしたいのですが」

5分後、おばあさんは再度の電話。しかしつながらない。警察官の必死のお願いに応えて、少しの時間をおいて数回の電話。やっと息子につながった。警察官が息子本人であることを確認。入学祝いをこっそり母親からもらうことも承知であることを確認。これにて一件落着。ホッとした表情の警察官、そして銀行員なのであった。さらに警察官が言う。
「折角ですからお宅までパトカーでお送りします。高額のお金を持って出歩くのは何かと危険ですから」
「いいえ、結構です。おうちの前にパトカーが止まり、そこから私が降りれば、ご近所さんがビックリするでしょうし、そもそもうちの主人に何といえば良いんですか」
「ああ、それもそうですね。では後ろからつかず離れずついて行きます」

おばあさん、返事も面倒になってすたすた歩き出す。少し離れてパトカーが付いてくる。おばあさんは無事におうちに辿り着いた。振り返ると路地の角にパトカーが見えていた。心優しい警察官なのであった。かくして今日もまた詐欺事件のない穏やかな一日となったのである。

142.無料です

皆さまお早うございます。
「へーせー最後の」と、あっちこっち、何でもかんでもうるさいですね。そして5月になれば「れーわ最初の」のフレーズが溢れるんでしょうね。改元フィーバーとでも言うのでしょうか。何か商魂に振り回されているように感じます。

というわけで、「へーせー最後の」一歩前の新能登メール(142):無料です を送ります。

前回の「腹立つ電話」に限りなく似たお話になるが、クレジットカード会社名で「重要」と書かれた封書が届いた、という経験はかなりの人がお持ちだと思う。「重要」とあるから何だろうと訝りながら開封すると、「フリーケア・プログラムのご案内」とある。資料を読む。「交通事故で5日以上入院すると、保険金3万円が支給される」保険に無料で入れる、と書いてある。クレジットカード会社が提供しているのではなく、カード会社と提携している保険会社が提供している、とのことである。

「無料」なのだ。保険の有効期間は3年間。契約満了後に自動更新するわけでもない。3年経てば契約は終了する。「追加保障プラン」というのもあって、月額500円~1000円程度で保障額が格段に上がるプランも紹介されている。

不思議だ。「無料」なのだ。「タダ」なのだ。タダなのにどうして保険に入れるのか。どこかおかしくはないか。タダより高いものはない、はずだ。何かとんでもないことが隠されているのではないか。

調べてみた。まずは「交通事故で5日以上の入院」ということの実態である。交通事故に遭う確率は結構あるかも知れない。問題は事故に遭って5日以上入院するかどうか。入院4日では保障されない。交通事故で亡くなっても保障されない。5日以上の入院となればかなりの重傷だそうだ。つまり「交通事故で5日以上の入院」は極めて希なケースなのだ。希な場合は掛け金が安い。おそらく年間50~100円程度ではないか、ということだ。

掛け金はクレジットカード会社が負担しているそうだ。おそらく封書(DM)の送付自体もカード会社の負担だろう。なぜそうまでしてDMを送るのか。どんなメリットがあるというのか。

「タダだもの、契約書を書いて送れば良い」と考える人もいるだろう。住所、氏名、電話番号、メールアドレス、生年月日、保険の種類などなどを書き込んで送る。保険会社はそれらの個人情報を難なく入手できる。中には追加保障プランを申し込む奇特な人もいる。かくして保険会社は大きなメリットが得られる。一方、カード会社は、保険期間はカードの解約がないという安心が得られ、有料プランに申し込んだ場合はカードによる支払いが増えて手数料収入が増加する。これまた大きなメリットが得られることになる。

カード会社と保険会社の結託による「無料」の実態を書いてみたが、「無料」というエサで引き寄せ、食らいつかせ、釣り上げ、旨い汁を吸う、そういうシステムを取り入れて商売している業界はまだ他にもたくさんあるに違いない。彼らの目には、何ともまあ「バカで幼稚で疑うことを知らない無垢な国民」としか写らないのだろうなあ。世の中、「タダ」のものがあるはずが無い。ここはやはり、騙されないように「気を張る」必要がある。あれ、前回と同じ結論になってしまったなあ。こんなのって何か哀しいね。

プロフィール

Author:能登繁幸
「ちょっと斜にかまえたエッセイ集」の第1集、第2集、第3集、ならびに毎週発信の「新能登メール」を収納。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる