FC2ブログ

123.脳化指数

皆さまお早うございます。
雪、降りませんね。札幌は記録更新しそうです。まあそれでも今週は間違いなく各地で初雪だと思います。ご自愛下さい。

新能登メール(123):脳化指数 送ります。(やや長文)

先週金曜日のニュース。今年の「実用数学技能検定」(通称、数学検定)で、小学5年生(11歳)が1級に合格したそうだ。史上最年少である。この数学検定1級のレベルは大学程度・一般であり、合格率は何と9.4%という難関。問題は多変数関数などの解析分野、行列や初等整数論などを含む線形代数、相関係数や回帰分析を扱う確率統計、アルゴリズムの基礎などだそうだが……、「何のこっちゃ!!」。

「偏差値」なるものを知っているだろうか。その数値で、大学の入学試験における合格可能性をあらかじめ予想することができるらしい。記憶をたどれば、昔は偏差値を確かSSといっていた。旺文社の全国模擬試験というのがあって、各科目ごとにあなたのSSはいくらと書いてあったように思う。その「偏差値」だが、簡単に言えば、ある試験の結果を平均点が50、標準偏差が10となるような正規分布になると仮定する(理解せずとも、何やらそんなことをしているらしい、と右から左、スルーして下さい)。だから真ん中(平均)は50で、そこからどれくらい離れているか、それが「偏差値」なのだ。偏差値60であれば、平均より10上回っていて、統計学的に「全体の中で上位から15%に入っている」ということを意味する。偏差値70(あるいは30)ならば全体の2%、80(あるいは20)ならば0.1%、90(あるいは10)ならば0.003%。これは受験生100万人いれば、偏差値90以上の超秀才が30人いる、ということである(とんでもないバカが30人いるということでもあるけれど)。計算上は偏差値100というのがあり、これは全体の0.00002%で、500万人に一人、ということだ。中国やインドなら偏差値100を超える人がいるのかも知れない。

知能指数というのもある。Intelligence Quotientの頭文字を取って一般にIQと言われる。ハリウッドの女優ジョディ・フォスターがIQ132で「チョー頭が良い」ことを我々の年代ならみんな知っている。IQ130以上は統計的に全人口の2.28%だというから、上述の偏差値70とほぼ同じである。知能指数の算出は2種類の方法があり、一つは上述の偏差値算出と同様で、違いは平均値(中央値)が100、標準偏差が15前後と定義されている。したがってIQが85~115の間に68%の人が収まり、70~130の間に95%の人が収まる。もう一つの知能指数は「精神年齢 ÷ 生活年齢 × 100」の式で算出される。知能指数は100に近いほど出現率が高い(人数が多い)。年齢にふさわしい知的レベルにあるかどうか、を問うているらしい。IQと学力は比較しにくいので、受験の合否予想には用いられていない。

脳が大きいと「頭が良い」かというと、これが簡単に比較はできない。マッコウクジラの脳は8キログラムもあり、ヒトの6倍もある。けれどヒトよりマッコウクジラが「頭が良い」とは思えない。そもそも体重が大きくなると脳も重くなる傾向にある。そこで1973年にアメリカの心理学者ハリー・ジェリソンが動物の知性を比較するための指標として「脳化指数」EQを提案した。最初はEQ = [定数] × [脳の重量] ÷ [体重]^(2/3)であったが、より詳しい解析の結果べき指数は3/4に変更された。

700万年前、チンパンジー類から分かれた頃の人類の脳化指数は約2.1であった。その頃一番脳化指数が高い動物はイルカで約2.8であるが、150万年前のホモ・エレクトスの時代に人類はイルカの脳化指数を超えた。現在のヒトの脳化指数はおよそ5.1で、脳の大きさは1350ccである。ところが昔の人類であるネアンデルタール人の脳容量は1550ccもある。だからといって今のヒトより「頭が良かった」とは思われない。つまり、ヒトという種の中では、脳の大きさと知能のあいだにははっきりとした関係はないらしい。あなたの周りにも頭のデカい人がいるだろう。あるいは小顔の人がいるだろう。けれど安心して欲しい。顔の大きさと知性は関係ないのだ。アインシュタインの脳が平均より小さかったのは有名な話である。数学検定1級の少年だって、まだ脳は小さいに違いない。
(記憶する必要がなくなると、脳が小さくなるといわれている。将来、ITが発達すれば脳化指数は減少するのではないだろうか。いずれ小顔が増えるかも知れない。)
(一部、更科功「絶滅の人類史」(NHK出版新書)を参考)

スポンサーサイト
プロフィール

Author:能登繁幸
「ちょっと斜にかまえたエッセイ集」の第1集、第2集、第3集、ならびに毎週発信の「新能登メール」を収納。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる