FC2ブログ

131.時事問題二つ

皆さまお早うございます。
インフルエンザ、大流行らしいですね。私の回りでもこのひと月で5人がインフルエンザA型に罹りました。手洗い、うがい、しっかりしましょう。マスクを常時持って出かけましょう。

新能登メール(131):時事問題二つ 送ります。ちょっと固すぎ、まじめすぎで、しかも長文です。スルーして結構です。

2年くらい前でしょうか、ロシアのプーチン大統領が、北方領土問題を解決して「日ロ平和条約」を結びましょうと言い出しまして、ヒョッとしたら北方領土が帰ってくるかも知れない、と大いに期待しました。北方領土の新たな開発で北海道の建設業界も景気が良くなるかも知れない、とも思ったりしました。しかしその後サッパリ進展がありません。それどころか、つい最近、ロシアの高官が「北方領土という言い方はやめてくれ」とか「第二次世界大戦の結果を素直に認めよ」などと言っています。

昭和20年4月5日、ソ連は「日ソ中立条約」の失効を日本側に通告しました。規約では締約更新の1年前に通告することになっていましたから、昭和21年4月5日まで「中立条約」は有効のハズです。なのに8月8日に日本に宣戦布告(この電信は日本に届かず)、9日に満洲に攻め込み、次いで樺太、千島列島になだれ込んで占領。歯舞群島の占領に至っては、降伏文書調印後の、9月3日から5日のことです。このような明らかな時系列が整っているのに、どうしてロシアは強行な意見を吐くのでしょうか。おそらくロシア国民は過去の経緯を知らないと思います。しかしロシア高官は何が真実か知っているはずです。知っていながら強硬意見を言っていると思います。

明治43年8月29日、「韓国併合ニ関スル条約」に基づいて大日本帝国は大韓帝国を併合しました。それまでの「朝鮮」は中国と君臣関係に有り(中国の属国)、一人前の独立国とは言えない状態でした。先進各国はアジアの平和のために朝鮮の近代化が必要で有り、日本が保護国となるのが望ましいとの期待を寄せていましたので、「お荷物になる」として反対意見もありましたが、韓国併合に踏み切ったのでした。以来終戦までの35年間、韓国は日本の統治国として膨大な予算が投入され、インフラ整備、差別の撤廃、教育制度などの改革が進められました。当然ながら国民は日本人とほぼ同等の権利と義務を負います。

昭和13年に国家総動員法が制定され、国民は軍需産業に強制的に動員されました。この人たちを徴用工と言います。すべての日本人対象ですから韓国の人たちもいたことでしょう。その徴用工であった韓国の人たちが今頃になって「補償しろ」と裁判を起こし、裁判所もこれを認めた、というのですからまさに驚きです。

昭和40年、日本と韓国は国交正常化にあたり、日韓基本条約を締結しました。その中に「財産及び請求権に関する協定」があります。その協定では、日本は朝鮮に投資した資本や個別財産の全てを放棄すること、約11億ドルの無償資金と借款を援助すること、韓国は対日請求権を放棄すること、などが取り決められ、請求権問題は「完全かつ最終的に解決された」と明記されています。ところが朴正煕大統領は個人に何らの補償をすることなく、当時の韓国国家予算の2倍に相当するこの経済援助資金を道路やダム建設のインフラ整備に充て「漢江の奇跡」と呼ばれる経済成長を実現したのでした。このように順々に過去の実態を説明すれば「徴用工への補償」は韓国国内の問題であることが分かります。これもおそらく韓国政府の高官は知っているけれど、韓国民が知らない、知らされていない、ということだと思います。

オランダのハーグに国際司法裁判所があります。国と国の紛争を裁判したり、勧告的意見を与えたりします。上記の「北方領土問題」や「徴用工問題」さらには「竹島問題」などを国際司法裁判所で審議してもらえば良い、と思うのですが、「同意原則」があります。裁判をしてもらうにはどちらの国も「同意」しなくてはならないのです。単独で提訴しても相手国が同意しなければ取り扱ってくれないのです。日本は早くからこれらの問題を国際司法裁判所で判断してもらおうと動いていますが、ロシアも韓国も同意しません。「自分が正しい」ならば堂々と戦えば良いと思うのですが、同意しません。それこそが自らの「非を認める」アカシではないでしょうか。

明日22日に日ロ首脳会議が予定されています。何の進展もないままこの先もだらだらと交渉が続くように思います。そしてまた韓国もグダグダと訳の分からないことを言い続けるように思います。日本の為政者の力量が試されています。ガンバレニッポン、と言いたくなるのであります。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:能登繁幸
「ちょっと斜にかまえたエッセイ集」の第1集、第2集、第3集、ならびに毎週発信の「新能登メール」を収納。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる